【MP3】クノウ・コースト(1999)

>>MP3いちらん・ダウンロードはこちら

真夏のセンセイション 今は くずおれた 砂の城
月明かり 僕たちを照らして もう一度

いつかこんな夜に 二人 渚を訪れた
君の白い頬に 僕の影が何度も落ちた
本気じゃなくても 夢中になれるから
ちゃちなゲームに 未来 描いてた

砂浜は 遠く見渡せるのに まるで迷路
さよならを言い出せず 惰性でもう一度

一緒に年を取ろうなんて思ってなかったよ
犬の小便で頬を汚したかっただけさ
丸ごと欲しいなんて言ってないよ
一枚ずつ むしり取る蝶の翅

まばゆいテンプテイション 今は 朽ち果てた夏の花
快楽を求めては 惰性でもう一度
気づいて ターミネイション
二人で崩した 砂の城
月明かり 僕たちを照らして もう一度

**************************

作者こめんと
大学4年の頃作った曲です。GarageBandで再録。
椎名林檎ちゃんに影響を受けてた時期で、歌詞がずいぶん背伸びしていましたねぇ…。
1999年7月は「ノストラダムスの大予言」で世界が滅亡するとか言われていた頃で、周りは誰も信じてなかったみたいですが、私は就職や恋愛など大学生にありがちな悩みを抱えていたので、本当に世界が滅亡すればいいのにと思っていました。
タイトルは静岡に実在する「久能海岸」の事です。ジャケ画は当時大ブームだった「初代iMac」の広告ふうに並べたテトラポットです。
トップにもどる