【♪】ドラゴンオイル(1997)

>>MP3いちらん・ダウンロードはこちら
do501.png

秋はドラゴンオイル
冬もホットでドラゴンオイル
飲ませてよ

あなたの体に匂い立つ 龍の油を搾り取り
真白い泉を飲み干すを 夢に見たのはいつからか
窓から月が照らし出す 龍の鎖骨と大腿骨を
フルウツみたいに啄んで 傷の赤きの美しさよ

煌く膚を滴り落ちる薔薇と憂鬱の醤油味
口付けだけで火が灯る

ときめきのドラゴンオイル 
ためらいをドラゴンオイル
ひとしずく

揺らめく吐息は風のように 寄せて返すは波のように
あなたの瞳は龍の玉 匂いはきっと栗の花

誰かのものになってたとしても 輝ける鱗は美しい
靴跡に咲く彼岸花

雨の中濡れながら
焦がれたるドラゴンオイル
ときめきのドラゴンオイル
冬もホットでドラゴンオイル
その先に

****************
大学時代に大好きだった中日ドラゴンズの某選手のイメージで作った曲です。GarageBandで再録。楽曲は気に入っていたんですが、後になって「ドラゴンオイル」という石油会社が実在していたのを知って「タイトルを変えよう」と思い、ついでにこの夢小説のようなヒサンな歌詞も変えて全く別の歌として発表したいと思っていたんですが、19年も保留にしていたので今さら他のタイトルや歌詞が思い浮かばなかったんですよね…
まあ、「宮本君」や「マーシャンレッド」と同時期に、こういうエロバカソングも作ってたんですよってのを知って頂ければと思います。
トップにもどる